読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中卒ダメ人間FX日記

備忘録として使用しております。

ファンドによる仕手戦のストップ狩り

こんばんは。

ドル円が先程110円を割れましたね…

ドル円が110円を割れたのは去年の11月以来です。
各メディアは、先週の弱い雇用統計が要因とか、北朝鮮に対する地政学リスク。
など理由をこじつけております。

そんな事は先週金曜日のNY時間で判明しているので、今更なにを言ってるのやらですね苦笑

そもそもプライスボードを見てる限りファンドが仕手戦で110円のストップを狩りに来てるとしか考えられません。

心理的節目の110円台でかなり耐えてましたがやはりと言うか何というか…

個人的には110円のストップが狩られるのを待っておりましたので、割れた瞬間からショートスキャルを開始しました。

NY時間現在は182pips取れております。

欧州極右政党の衰退

おはようございます。

金曜日のノーファンペイロールは市場予想の18万人に対して結果は9.8万人と少し驚きました。

季節的な要因も重なっての結果だと解釈しています。

ところで、欧州では極右政党の衰退が激しいですね!

オランダではヘルト・ウィルダースが失速気味。

フランスでも極右ルペンは左派のマクロンに押され気味。

ドイツでも極右政党のAFDの党首フラウケ・ペトリーが党員のユダヤ人への差別発言などで支持率が急落しています。

一時期に比べかなり極右派の勢いにブレーキがかかってきました。
しかし、EU崩壊のカウントダウンが止まった訳ではありません。

昔はユーロは世界で最も美しい通貨なんて言われてたのも、もはや昔話…

リーマンショックから始まり、ギリシャの国家ぐるみの粉飾決算がパパンドレウ大統領によって暴露され、イタリアにも飛び火して…もう8年間続いてます。

そろそろいい加減にしてほしいですね…

 

リッチモンド連銀総裁辞任

おはようございます。

リッチモンド連銀のジェフ・ラッカーが連邦公開市場委員会の議事録の内容を公にされる前に

メドレー・グローバル・アドバイザーズに流していたことが露呈し辞任になるようですね…

そもそもリッチモンド連銀は今年は投票権を持っていないので、影響は限定的だと思われます。

僕もシンガポールの投資コミニュティに加盟しているので、アベノミクスによる黒田バズーカが行われる事を、半年くらい前に情報が回って来ました。

為替の世界ではインサイダーがないので
僕はお金より人脈と情報を大事にしています。

ただ、残念な事に日銀の情報統制が甘い事は世界では周知されています。

いくら情報を手に入れても僕みたいな小規模個人投機家にとってはヘッジファンドにや投資銀行には資本力では太刀打ち出来ませんね泣

 

単月決算反省

こんばんは!

3月の単月決算になります。

ドル円→1123pips
ユーロドル→869pips
ポンド円→261pips

合計2253pipsでした。

もう少し強気でオペレーションをするべきだと反省しております。

反省するために2日間、瞑想と断食をしており、ブログの更新を怠っておりました。

読者になってくれた皆様、そしていいね!を付けてくれて応援してくれる方々に感謝の意を申し上げます。

これからも精進していきますので、よろしくお願い致しますσ(^_^;)

輸出手形買取貿易決済

こんばんは!

先週は第一四半期決算による輸出手形の買取やレパトリエーション(国内の資金還流)
によるドル売りだったと、予想してます。

しかし、予想に反して売られ過ぎでしたので、やはりトランプ政権の失望売りだと考えを改めております。

本日発表されたトランプ政権の支持率が発足して数ヶ月しか経ていないのに、オバマ前大統領の最低支持率を下回りましたね苦笑

本日もドル円の戻り売りでのオペレーションです。

アジア時間→12pips
ヨーロッパ時間→56pips
北米時間→67pips

人が騒ぐから己も騒ぐ

こんばんは。

本日はさしたる経済指標の発表もなく、政治要因でドルが売られてますね。

僕は流行など人が騒ぐから自分も騒ぐというのは性に合わないのですが

マーケットに関しては皆んなが騒げば自分も騒ぎます苦笑

本日はまさに、そう言った相場でドル円の戻り売りに便乗させて頂きました。

判断材料が希薄でしたので、プライスアクションを観察しながらのドル売りを行いました。

アジア時間→36pips
ヨーロッパ時間→74pips
北米時間現在→47pips

北米時間帯はもう少し伸ばせそうですので眠いのですが、頑張ります!

経験値のないムニューチン財務長官

こんばんは(^^)

共和党はヘルスケアプランを断念しましたね。これでオバマケアは継続される事になりました。

次にトランプ政権が行う改革は税制改革ですね!

しかし、ヘルスケアプランの改革すら共和党の協賛を得られなかったトランプの人徳、手腕に甚だ疑問です。

あれだけの無様さを見せられて、トランプが次は税制改革だ!と意気込まれても…

当然、税制改革ですからムニューチン財務長官が関わりますが、経験のゼロのムニューチンとトランプが実行に出来るとは思えませんね(^^;)

f:id:davidcerny:20170325201756j:image

↑GS出身スティーブン・ムニューチン

ウォール街の人達も冷笑してることでしょう。来週もドルは弱気と考えてます。

しかし、日足チャートを見る限り8日連続で陰線で引けてるので、どこかで買い戻しがあるかと考えています。